2017年10月28日土曜日

ホットプレートで簡単!ハロウィンクッキー

ハロウィンクッキーつくりのご報告


10月28日(土)はハロウィンシーズンということで、こどもたちのリクエストもあり、おばけやかぼちゃの形のクッキーつくりをしました。




作業は簡単で、材料を袋に入れて、袋の上から揉んで混ぜて、袋から出して麺棒で伸ばして型を抜く。この流れをグループ毎に高学年の子を中心に協力して進めていきました。

材料を袋にいれます


袋の上から揉んで混ぜます

麺棒で伸ばすのは少し難しかったです

上手にできるかな?

こうもり、かぼちゃ、ねこ、帽子など

ホットプレートで焼きます
高学年の進め方はそれぞれで、みんなで均等にやらせてあげるグループや難しそうな最初は高学年がやってそのあとをやらせてあげるグループ、他にまとめる子がいれば任せたりと各グループで和気あいあいと楽しんで作っていました。


高学年が順番などをまとめてあげて配ります

どんな風に飾ろうかな~??
いちばん楽しそうだったのはチョコペンやアラザンなどをトッピングをしているときで、思い思いに絵を描いたり飾ったりしていました。

みんな可愛く飾り付けされています♪







作り終わったらみんなでいただきます。

食べるのはもったいないと思うようなクッキーばかりでしたが、みんなあっという間に食べてしまいました。

またクッキングをやりたい!と言ってくれる子がいっぱいいたので、またクッキングを企画したいと思います。


広くて遊びたくなっちゃいます♪
パズルマットを端から敷き直します。
最後はみんなで掃除をしておしまいになりました。参加いただいたみなさん、ありがとうございました!


<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>

2017年10月27日金曜日

コンマのたたかい?! 1秒以下の切磋琢磨!? 

矢部小キッズ 日常プログラムの報告になります

「スピードスタッキング」はカップを積み重ねて、また崩して、そのタイムを競う競技です。世界中で大会なども行われており、子どもから大人まで、年齢や性別に関係なく、練習をすれば上達が感じられ、集中力アップに良いと塾でも取り入れているところがあると聞きます。

矢部小キッズでは以前リーダーが自宅から持ってきてくれた「スピードスタッキング」にハマっている子どもが増加中です。「サイクル」と呼ばれる12個のカップを組み立てては崩していき、また元の形に戻すまでのタイムを競う種目を行っております。



部屋の中には学年毎の記録保持者の名前をホワイトボードに書いて、いつでも見られるようにしてあります。リーダーも一緒に頑張っているので、記録を越せない子どもたちも「〇〇リーダーのタイムを越えた!」「自分の中での新記録が出た!」などと、よく報告してくれます。

タイムについてですが、初めてで手順を覚えたての子が40秒前後ぐらい、慣れてくると20秒前後、そこからどれだけタイムを伸ばせるかですが、世界記録は6秒前後となっているようです。
今、矢部小キッズの最高記録は2年生の11秒34です。その後を追ってリーダーや3,4年生も12秒台や13秒台を出して頑張っています。



毎日コツコツやれば成果が出てきます。ぜひキッズクラブでのチャレンジをお待ちしております。ひょっとしたらギネス記録が出てしまう!?かもしれません。
<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>

2017年10月21日土曜日

キッズクラブ 日常での様子について

矢部小キッズ日常の様子

矢部小キッズはプレハブの2階建ての建物で活動をしております。
晴れの日は全学年が揃ってから校庭で遊ぶ子、お部屋で遊ぶ子に別れますが、雨天時は、夏休みより耐震強化のため体育館が工事中のため、部屋の中だけで遊びます。

毎日大勢の子どもたちが参加する室内が、どのような状況か簡単にご紹介します。

矢部小キッズは1階が荷物置きや受付、2階が活動スペースとなっております。
低学年が帰ってきた後、高学年の6時間目が終わるまでは室内でドミノ、ブロック、折り紙、お絵かき、将棋、宿題など、思い思いに過ごします。
リーダ―たちは一緒に遊びに入ったり、ケガの無いよう見守ったりします。

参加者のほとんどが1~3年生のため、6時間目が終わるまでは人口密度が高くなります。
時には足の踏み場に困るときも...
この日は1~3年生で約90人参加していました。
1年生から6年生まで、様々な学年の子どもたちと、大学生から主婦までの様々な年齢のリーダーたちで毎日楽しく過ごしています。



横の繋がりと縦の繋がりを大切に、これからも活動をしていきたいと思います。
指導する大人だけではなく、こどもたちも協力をしてくれて、困っている子を教えて
くれたり、声をかけあってくれており、大変助かっております。



<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>


警報発表時のキッズクラブのご利用について

台風接近に伴うキッズクラブのご利用について

台風の接近に伴い、学校が休校になる可能性があります。
矢部小キッズの対応は以下の通りになりますので、ご確認ください。

1.午前7時の段階でが警報が発表され、学校が休校になった場合
利用区分1の方:参加出来ません。
利用区分2の方:8時30分に開所いたします。お子様の安全確保のため、保護者の方が【キッズクラブの玄関まで】責任を持って送迎してください。
「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「降灰予報」に該当します。

2.登校後、授業中に警報が発表された場合
利用区分1の方:学校での対応となります。キッズクラブへの参加は出来ません。
利用区分2の方:キッズクラブでの受け入れをいたします。【当日の参加予定のあり、なしに関わらず】一度キッズクラブで預かります。その後、警報の解除されても迎えを必要となります。

3.放課後にキッズクラブを利用中に警報が発表された場合
利用区分1、利用区分2共にお迎えが必要となります。途中に警報が解除されても全員お迎えが必要となります。


※平成29年度参加要項から抜粋 警報発表時の対応

2017年10月19日木曜日

出来たらカッコいいジャグリング!

10月ジャグリングプログラムの報告


ぱぴこリーダーがキッズの活動中にお手玉を見つけて何人かにジャグリングを教えたところ、少し出来そうだったので10月はジャグリングの練習会を行いました。

まずは1個だけ持って投げる練習です。
「頭の上の高さまで投げてごらん」と説明をすると「ぴゅーん!」と高く上がりすぎたり後ろや前に飛んでいってしまったり...
「難しい!」と言う子も多かったですが、何度も練習して少しずつ上手になります。



2個目になると途端に難しくなります。「右、左」とタイミングをずらして左右の手の球を反対側の手に投げるのですが、ついついお手玉遊びのように1個投げた後に残りの球を反対の手に渡してしまいます。



「お手玉はできるよ!」と頑張っている子もいますが、3個のボールを右、左、右、左・・・と交互に上に投げていくので、少しやり方が違うのです。
お手玉遊びに慣れている子どもたちは2個目がなかなか上に投げることが出来なくて苦労していましたが一緒に練習し続けるとだんだんと上手になっていきます。

3年生以上になると体の使い方や感覚が発達してくるのか、比較的早く3個目に挑戦出来て、何回か続けて出来たり、片手で2個投げることが少し出来るようになった子もいました。

今回のプログラムは低学年には少し難しい内容でしたが、子どもの頃に様々な体験をすることで多くの事に興味を持つきっかけになるかもしれません。
「キッズに来ていたからこんなことが出来るようになった!」
「キッズにいってやりたいことがある!」
低学年の子や高学年の子にもそんな風に思ってもらえるキッズクラブにしていきたいと思います。
リーダ―も一緒に頑張っています!


<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>







2017年7月8日土曜日

大人気プラバンキーホルダーつくり

6月活動報告「プラバンキーホルダーつくり」




6月は大人気のプラバンキーホルダーつくりをしました。
毎回大人気で3日間で200名ほどの参加者がおり、好きな下絵を自分で決めて一生懸命に色を塗っていきます。





色を塗り終わって余分な部分をハサミで切ったあとはリーダーに焼いてもらいます。
毎回プラバンの日はリーダーはトースターの前に2時間ほど張り付いてとにかく焼きます。




出来上がったプラバンを嬉しそうに受け取る姿を見ると、熱い中頑張って焼いた苦労が報われます。
最近は4年生を中心にお手伝いをしてくれる子も増えており、焼き終わった物に紐を通して、作った子を呼んで渡してくれたり、紐が少なくなると足してくれたりしてくれて、その姿を見た下の学年の子がお手伝いをしたいと声をかけてくれます。




キッズクラブではただプログラムに参加するだけではなく、上級生を中心に役割を担ってもらい、リーダーと子どもたちと一緒に作り上げていきたいと願っております。
また、プラバンキーホルダーつくりは今後も実施する機会はありますので、参加した方も出来なかった方も、その際はお申込みください。


<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>

歌って楽しく英語であそぼう

7月活動報告「英語であそぼう」


4月から7月まで、毎月1回実施されていた英語プログラムは、毎回70名前後の参加があり、YMCAの英語の先生が来てくれて簡単な挨拶や曜日、天気の英語を教えてもらったり、歌いながら体を動かしたりと、楽しみながら英語に触れてみるプログラムとなっています。




先生のあとに続いて発音したり、天気の英単語を教えてもらったあとに「今日の天気はなんでしょう?」と質問された答えを、自分でもう一度考えて回答したり、歌に合わせて歌いながら軽くジャンプしました。







最後はアルファベットを繋いで絵をつくるテキストを行いましたが、名前はローマ字でみんな書きます。分からない子はリーダーや先生、周りの子が教えてくれるため、一生懸命に書いていました。みんな初めて自分の名前をローマ字で書けると嬉しそうにします。



参加した際はお家でもどのようなことをしたのか聞いてもらったり、質問を出してもらえるとより学びの深いものになると思いますので、ご家族でも楽しんでください。

<矢部小学校放課後キッズクラブ 菅原 歩>